FC2ブログ

蛇口本体の取替工事

こんにちは!トイレメンテナンスのスマイルの近藤です。

当社では、大きく「トイレのメンテナンス」と「節水」を事業の柱としております。

今回、ご紹介するのは、いつも節水のレンタルでお世話になっている、スーパーマーケットさんです。

業務用で使用する蛇口は想像以上に、使うので劣化も激しく、今回ご連絡をいただいたのは「ハンドルが空回りするので見て欲しい!」との事でした。

通常であれば「スピンドル」と言う部品が劣化しているので、これを交換すればよいのですが・・・

images_20200909180851bb3.jpg

ここが何度も何度も、蛇口を開け閉めしていると摩耗してくるのですが、スピンドルだけでなく「受け側」つまり蛇口の本体も少しずつ摩耗してきます。
そうすると、新しいスピンドルを入れようとしても、受け側のねじ山がなくなっているので入らないのです。

もう、こうなると蛇口本体の交換となります。

images (1)

これごとの交換です(*^^)v

IMG_2403.jpg


まずは今あるのを取り外します。

IMG_2407_20200909182635403.jpg


新しい本体を取り付け・・・

IMG_2409_20200909182638c21.jpg


IMG_2408_20200909182636b13.jpg


ちなみに、こちらは取り外した蛇口本体。

IMG_2410_20200909182639af4.jpg

これで完成!!

今回、一人で作業をしていたので、作業途中の写真がないのですが、シンクに下に潜って取り外し・取り付けをするなど、結構ハードな作業でした( `ー´)ノ

当社の節水サービスは、単に節水器具を設置して、はい終わり!ではなく
今回のように(これは有償サービスですが)、水廻りのお困り事を経費削減をしながら、解決していく事が一番のサービスと考えております。

ポタポタ漏れでのケレップ交換とかであれば、毎月の定期点検の際であれば「無償」で交換しております。

もし、水廻りで経費削減をしたい!
一緒に水廻りの点検や修理をして欲しい!
とかのご要望がございましたら、いつでもお気軽にご相談ください。
スポンサーサイト



水のポタポタ漏れ

こんにちは!トイレメンテナンスのスマイルの近藤です。

弊社では、トイレのメンテナンスの他にも「節水システムのレンタル」を1つの大きな事業として行っております。

節水関係の業者さんは数多くあり、激戦地区ではありますが(。-_-。)、弊社の最大の強みは毎月の訪問による水栓箇所の全箇所点検です。

何故、毎月毎月訪問して点検するのか?

今回はそのうちの事例を1つご紹介します\(^o^)/


IMG_0785.jpg

写真では分かりにくいのですが、ここの蛇口がかなり強く締めないと、ポタポタ漏れする状態でした(T_T)

この状態で使用していると、最後には蛇口の本体側が破損してしまいます。

そこで・・・

IMG_0786.jpg

一旦、水を止めてハンドル部を外します。

先端に付いている黒いのがパッキンです(ケレップと言います)。

IMG_0787.jpg


IMG_0788.jpg

これを新品に交換して・・・

IMG_0789.jpg

無事完了!!

強く締めなくても、軽くすっと止まります。


節水と言えば、なにか節水用の機器を取り付けたら完了!みたいに思われますが、現実はそれだけでは節水出来ません。

どれだけ節水していても、24時間水漏れしているところがあれば、何の意味もありません。

私たちは、毎月水廻りを点検して、このような些細な漏れも見逃しませんo(^▽^)o

これは、ほんの一例ですが、お客様の水廻りを快適な環境にするのが、節水だけでなく私たちの使命だと考えております。


これからも事例をアップしていきますので、宜しくお願い致します(^-^)/

こんな事もやってます

こんにちは!トイレメンテナンスのスマイルの近藤です。

先日、お客様から連絡があり、厨房の蛇口の水漏れが止まらない!との事でした。

美濃君と一緒に訪問し、水漏れはケレップと言う部品を交換して無事、完了!!

あと、水漏れのあった蛇口がぐらついているので、こちらも直して欲しいとの事。

IMG_4132.jpg

これ、本体がグラグラだと、片手で開け閉めし難いんですよね!

で、問題はどうやって、締め付けるのか?

残念ながら?シンクの下に潜り込んで締め付けるしかありません(あと、給水管を全部外してから、シンクを前に引き出し、シンクの後ろ側に回って締め付ける方法もありますが、これはこれで大変です)。

IMG_4130.jpg

私は、この作業を嫌と言う程してきたので、今回は美濃君が初挑戦となりました。

初めてなので、なかなか要領を得ないのか?悪戦苦闘していましたが、何とか本体を固定出来ました。


こんなもの、最初に設置したら、絶対問題ないと思われるかも知れませんが、一般家庭でなく、業務用で毎日のように蛇口の開け閉めをしていると、やはり緩んでくるものなのです。

なので、私は「メンテナンスフリー」と言う言葉を信じません。

もちろん、半永久的な商品はあるのですが(当社の節水バルブ本体もそうですが)基本、形あるものは劣化します。

これからも、お客様の水廻りで不具合があれば、直ちに修理を行い、常に快適な環境を提供していくのが当社の使命だと思っております。

節水システムの設置・・・だけではありません

こんにちは!トイレメンテナンスのスマイルの近藤です。

先日、お取引先のスーパーマーケットさんから、新店が出来たので、そちらにも節水システムを導入して欲しいとご依頼を受けました。

早速、取り付けていきます。

P1140571.jpg

泡沫にはアメニティのロゴが・・・(#^.^#)

P1140573.jpg

もちろんアメニティオリジナルのフレキ管にも・・・

P1140574.jpg

さてさて、私共は単に節水バルブを設置して、ハイ終わり!ではありません。

トイレを見ると・・・

P1140578.jpg

なんだか、下水の臭いが・・・(・_・;)

和式大便器の右下に床排水口があります。

P1140579.jpg

写真では分かりませんが、床排水口にお椀が設置してませんでした。

お椀がないと、下水の臭いがモロに上がってきます。

そこで・・・

P1140581.jpg

新たに、お椀を設置しました。

これで、臭い対策もバッチリです(^O^)!!

店長さんにも、喜んでいただけました(むしろ節水バルブの設置より喜んでもらえました)。

私たちは、常に水廻りの環境を改善して、使用する方々が快適に使っていただけるようにしております。

今回も少しでも、お店にお役に立てて嬉しい設置工事でした。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

水廻りの不満を解消する

こんにちは!トイレメンテナンスのスマイルの近藤です。

ちょっと更新が遅れがちでした。

先日、とある飲食チェーン店さんで節水システムを導入しているのですが、月に一度の定期点検にお伺いしてきました。

その1店舗での出来事です。

ご挨拶をして、厨房へ入ると「これも直してもらえるの?」とパントリーにあるカランを指差しておっしゃられました。

P1140176.jpg

パッと見、どこが故障しているのか分からなかったのですが、事情を聞くと、水が止まらないらしく、元のバルブ(止水栓)で毎回開け閉めしているらしく、それがとても面倒なので(確かに面倒だと思います(ーー;))、直して欲しいとの事でした。

確認をしてみると・・・

蛇口を締めていくと、最後にまた空回りします(+o+)!!

これは、中の部品でスピンドルと言うのがあるのですが、このスピンドルの摩耗により、蛇口を締めても空回りするのです。

P1140177.jpg

ちょっと分かりにくいですが、ちょうど親指の爪のあたりのネジ山が摩耗してなくなっています。

P1140178.jpg

これが新しい部品です。

交換をすると、ピタッと止まりました(#^.^#)!!

お店の方は大喜び!!


伝票上は節水システムのレンタルとなっておりますが(もちろんこちらもキチンとしていますが)、それ以上にいかに水廻りの状況を改善するか!

そこで働かれていらっしゃるスタッフの方々の不満をなくすか!

いつも、その視点で点検をしております(#^.^#)!!

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

プロフィール

スマイル 近藤

Author:スマイル 近藤
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード